名古屋の胃カメラ検査クリニックガイド » 経鼻内視鏡に対応する名古屋のクリニック

経鼻内視鏡に対応する名古屋のクリニック

吐き気や苦痛の少ない経鼻内視鏡検査に対応している名古屋のクリニック

西山団地内科胃腸科

西山団地内科胃腸科は市営地下鉄星ヶ丘駅から市営バス西山本通二丁目バス停より徒歩1分にあります。駐車場も20台分完備されていますので、車での通院も便利です。口からの胃カメラよりも苦痛が抑えられる経鼻内視鏡検査を実施していて、快適な検査を受けることができます。また、大腸内視鏡検査も実施していて、年間の検査数は合わせて3700件以上(平成29年時点)、多くの実績があるクリニックです。

まつい内科クリニック

守山区にあるまつい内科クリニックは守山ジャスコのすぐそばに位置しています。院長は日本消化器内視鏡学会専門医であり、嘔吐感が少ない経鼻内視鏡検査を実施しています。この検査によって、胃がんやポリープのほか、食道がん、逆流性食道炎などの疾患も診断することができます。また、大腸内視鏡検査や腹部超音波検査も実施していますので、トータルな検査を実施することも可能です。

おおいわ消化器クリニック

おおいわ消化器クリニックは、名古屋市の中心地である栄駅から徒歩3分、中区役所の向かいに位置しています。経鼻内視鏡では、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医である院長が担当。苦痛を抑えた検査が可能です。また、詳しい診断に不可欠な 特殊光観察( NBI狭帯域光観察)も実施、さまざまな角度から診断をしてくれます。

名古屋内科・内視鏡クリニック

名古屋内科・内視鏡クリニックは、JR名古屋駅から徒歩3分の場所にあるアクセス便利なクリニックです。経鼻内視鏡検査を含めた各種内視鏡検査は、内視鏡学会専門医が担当。当日判定可能なピロリ菌の診断・治療もおこなっています。検査は昼休みや午後からでも受け付けていて、仕事の忙しいビジネスマンでも検査を受けることが可能です。日帰りの大腸ポリープ切除や入院が必要な場合には連携病院への紹介などもしてくれます。

ばんのクリニック

ばんのクリニックは天白区にあるクリニックで、駐車場は16大完備しています。院長は日本消化器内視鏡学会の指導医・専門医で、経鼻内視鏡検査を実施しています。検査装置は世界的なシェアがあるオリンパス社製を使用、微細病変の早期発見に貢献するNBI(狭帯域光観察)も実施が可能です。

経鼻内視鏡検査について

近年鼻から入れる経鼻内視鏡検査も増加傾向にあります。胃内視鏡検査とは、食道を通して胃粘膜を観察する検査です。従来の胃カメラは口からカメラを挿入するため、吐き気や苦痛をともなうことがありましたが、経鼻内視鏡は鼻から挿入するため痛みや苦痛が軽減されているのが特徴です。

経鼻内視鏡検査のメリット

苦痛が少ない検査

経鼻内視鏡検査の大きなメリットは、口径が細いのでスムーズに挿入ができることです。口径は約5ミリ程度で、口から入れる装置の半分ほどですから患者さんは苦痛が少なくてすみます。

吐き気が起こりにくい

通常の胃内視鏡検査は口から入れることによって、舌の根元に触れながら挿入することになります。このことは嘔吐反射を引き起こして、苦しい原因となります。しかし、経鼻の場合には舌の根元に触れないため、嘔吐反射が起こりにくいのです。

会話ができる

口から入れる内視鏡の場合には、医師から説明などを受けても質問などの会話ができません。一方経鼻内視鏡では口が塞がれていませんので、会話をすることができます。苦しいときも、直接話して処置をしてもらえるでしょう。

       
サイドバー画像

胃カメラ検査をサクっと済ませたいのなら、朝が狙い目!昼や夕方に受けるより、絶食の時間が短く済むので、長い時間空腹に耐える必要がありません。また、忙しい現役世代にとっては、仕事を休まずに検査が受けられるのも嬉しいポイントでしょう。ここでは、早朝の胃カメラ検査に対応しているクリニックを3院紹介します。

       名古屋の胃カメラ検査院3選を見る